夏休みの自由研究に。ゾーン30ってご存知ですか?

こんにちは。東温市広報担当です。

8月も中旬に入り、お子様の宿題もそろそろ見てあげないと・・。と考える方も多いのではないでしょうか?

好きなテーマで「こども新聞」を作って提出する小学校もあるとか。

そこで今回は、広報とうおん8月号で取り上げた「ゾーン30」についてお伝えします。

今年の夏はご家族で、まちの安全を守る道路標識について調べて見てはいかがでしょうか?
 

ゾーン30とは

ゾーン30とは、住宅地が密集する地域の生活道路で、歩行者や自転車の安全な通行を確保するために区域(ゾーン)を定めて速度規制等を行う、安全対策の一つです。

IMG_8044.JPG

東温市内では、野田地区と志津川南地区の一部を「ゾーン30」に指定しています。

今回、松山南警察署の方にゾーン30について取材させていただくと「規制をかければいいというものではなく、車の渋滞を起こさず円滑に通行できることも大事です」とのこと。

志津川南地区の道路には、景観にも配慮されたイメージハンプが採用されており、車のスピードを抑える仕組みがインフラとして整備されています。これは、ドライバーが運転に慣れると、標示や標識だけでは効果が薄くなるため、物理的に速度抑制をかけられるメリットがあります。

さらに2018年2月には、志津川南地区の道路に、通学路を知らせるマークを標示

IMG_8038.JPG

取材で南警察署の方は、「周辺の環境変化に伴い道路交通も変化するため、多種多様な対策を都度検討実施していくことが重要です。ドライバーの皆さんには、速度を控えめにすることはもちろん、標識や道路標示をよく確認して、歩行者や自転車の安全を一緒に守っていただければと思います」と話してくれました。

運転していると一瞬で過ぎていく道路標識。ドライバーがすぐに存在や内容を認識できるよう、その色合いやデザインは、とても時間をかけて作られているのだとか。

なにやら奥が深そうですね!いつもの帰り道に、是非チェックしてみてください!


※この記事は、広報とうおん8月号(2018年)掲載記事p24を再編したものです。
広報とうおん8月号をみる

 
このサイトについて | 利用規約・免責事項 | リンク集 | プライバシー・ポリシー | サイトマップ | 東温市へのアクセス

東温市役所 企画政策課|〒791-0292 愛媛県東温市見奈良530番地1(市役所3階) TEL:089-964-4473 FAX:089-964-1609